試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
微信支付(WeChatPay)を使ってみよう1

JUGEMテーマ:中国

中国のキャッシュレス化の主役の1つである

WeChat Payを使ってみました。

 

中国旅行を予定する貴方にオススメです。

 

中国旅行の必需品、ネットをサクサク使えるSIMカード。

香港でも使えます。


お得な2枚セット!【中国聯通香港】4G 中国SIM (本土31省と香港) 7日利用可能

 

1. 微信支付(WeChat Pay)の機能

微信支付(WeChat Pay)は、日本語対応可能なとても多機能なアプリです。

ウォレットを見ると、たくさんのアイコンが並んでいますが、まずは基本的な機能を

紹介します。

 

「マネー」はレストランや小売店での代金決済機能で、まさにWeChat Payの代表的な

機能と言えるものです。

 

具体的な代金決済の方法は、以下の2通りです。

 

1つ目は、「マネー」から「ベンダーに支払」と進み、自分のQRコードを表示させる

方法です。これは、店の人にコードを読み取ってもらって決済するやり方で、コンビニ

などで使われます。

 

QRコードを使うという違いはあるものの、日本でApple Pay、Quick Pay、Suica等を

使って支払を行うのと本質的に変わりません。コンビニでシャリン!という感じです。

 

もう1つの方法は、「発見」から「QRコードのスキャン」を選んで、相手のQRコードを

読み取る方法ですが、この方法は日本ではあまり見かけません。

 

レストランなどでは、テーブルに貼ってあるQRコードをスキャンすると、金額情報が

既に反映されており、その金額を確認して支払をクリックするだけです。

 

一方、小さい店では、店頭に貼ってあるQRコードをスキャンした上で、自分で金額を

入力して店に送金し、画面を店員に見せる方法が活用されています。

 

QRコードを読み込んで代金支払というやり方は、実際にやってみると非常に便利です。

最近、LINEがLINE PayコードというQRコード表示機能を持ったアプリを出しましたが、

いまだ使える店に出会った事がありません。

 

スマホを使ってのキャッシュレス決済では、中国がはるかに先を進んでいます。

 

真ん中の「残高」下には、アカウントにチャージされている金額が表示されます。

「残高」クリックで、「メインの支払モードの選択」の画面が表示され、チャージ残高、

クレジットカード、銀行口座引落しから、メインの支払方法を選択できます。

メインの支払方法でお金が不足する時は、他の支払方法が自動的に選択されます。

登録したVisaのクレジットカードは、サポートされていないと表示されています。

 

スマホ画面右上の「カード」は、文字通り登録されているカードの表示画面です。

クレジットカードと紐付けした銀行口座が表示されています。

 

 

2. QRコードの活用場面

中国のキャッシュレス化では、QRコードが極めて重要な役割を果たしており、街中に

QRコードが溢れています。

 

例えば、公園の案内表示にQRコードが付いており、コードを読み込む事で、公園内の

案内図が見れたり、WeChatで公式ページに登録できたりします。

 

同じように、地下鉄の構内や通路の看板にもQRコードが表示されています。

これは広告サイトの閲覧や商品情報の読み取りに使われます。

 

何か近未来的な雰囲気を感じますね。

その他、観光地での入場券や、露店での買い物なんかもキャッシュレスで購入可能です。

 

 

3. 微信支付(WeChat Pay)と支付宝(AliPay)

ちなみに似た機能を持つライバルである微信支付(WeChat Pay)と支付宝(AliPay)では、

どちらがより多く使われているのでしょうか?

 

街中には両者のQRコードが溢れており、どちらでも使えるコードもあリました。

 

AliPayの方が利用者数が多い、と紹介されている報道を読んだ記憶がありますが、

旅行者の立場では全く判断できず、ほぼ均衡しているように感じました。

 

知り合いの中国人に聞いたところだと、ネット決済にはAliPay、街中での支払には

WeChat Payを使う事が多いとの事でしたが、真偽の程は不明です。

 

まあ、アプリは特段邪魔になるものでもありませんので、両方共ダウンロードしておく

のがいいのではないでしょうか。

 

今回はWeChat Payの基本的機能を紹介しました。

 

前編はこちら。

WeChat Payをアクティベート

 

続編はこちら。

WeChat Payを使ってみよう2

 


お得な2枚セット!【中国聯通香港】4G 中国SIM (本土31省と香港) 7日利用可能

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.