試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
微信支付(WeChatPay)をアクティベート

JUGEMテーマ:中国

中国のキャッシュレス社会の主役とも言える

WeChat Payをアクティベートしました。

 

中国旅行を予定する貴方にオススメです。

 

中国旅行の必需品、ネットをサクサク使えるSIMカード。

 


お得な2枚セット!【中国聯通香港】4G 中国SIM (本土31省と香港) 7日利用可能

 

1. 微信(WeChat)をダウンロード

中国旅行の際、キャッシュレス社会の主役の1つ、WeChat Payを試してみました。

 

WeChatアプリは、日本でもダウンロードでき、インストールすればチャット機能を

使用する事ができます。但し、WeChatの特徴とも言える支払機能(WeChat Pay)を

使用するには、ウォレットをアクティベートする必要があります。

 

ウォレットをアクティベートするには、3つの情報の登録が必要です。

 

まずは、電話番号です。WeChatでは本人確認のためのパスコードが携帯のSMSに

送られるので、コードを受け取るための電話番号が必要です。これは日本の番号でも

登録可能です。

 

次にクレジットカードです。本人確認の一環で登録が要求されているようですが、

VISA、Master、AMEX等の所謂インターナショナルカードは登録こそできるものの、

これらのカードを使った決済はできません。

 

最後に銀行の口座番号です。これは、本人確認と共に決済代金の引き落とし口座であり、

中国の銀行口座である必要があります。この点がWeChat Payを日本でアクティベート

する上での、最大の障害と言えるでしょう。

 

2. 微信支付(WeChat Pay)をアクティベート

実は、銀行口座なしでアクティベートする方法があります。それは既にWeChat Payを

アクティベートしている人から送金してもらうという方法です。入金を受け取る事で、

アカウントにお金がチャージされ、残高の範囲内で代金決済を行う事が可能になります。

 

WeChat Payを使って支払を行う場合、決済方法は3つで、銀行口座からの即時引落し、

クレジットカード決済、そしてアカウントにチャージされている残高からの支払です。

メインの支払方法を登録しておき、残高不足の場合、他の方法が選択されます。

 

銀行口座と紐付けた場合、決済代金が口座から即時に引き落とせたり、銀行口座と

WeChat Payの間での資金移動ができるので、それに比べると、かなり不便ですが

入金によりアクティベートは完了し、支払機能が使用可能な状態になります。

 

3. 微信支付(WeChat Pay)に送金してもらう

周りにアクティベート済のWeChat Payアカウントを持っている人がいれば、話は早い

のですが、いない場合は他の方法が必要です。

 

私は、中国のホテルのフロントで50元の送金を頼んでみました。

ホテルであれば、英語が通じるケースが多いので、分かってもらいやすいでしょう。

 

現金を渡して、自分のQRコードを表示させ、相手に読み取ってもらいます。

相手が送ってくると送金金額が表示され、チャージ終了です。やり方が分からなければ、

相手に操作してもらいましょう。

 

これでWeChat Payのアクティベートが完了です。

 

今回はWeChat Payのアクティベートの方法を紹介しました。WeChat Payで

何ができるかは次回紹介します。

 

続編はこちら。

WeChat Payを使ってみよう1

WeChat Payを使ってみよう2

 


お得な2枚セット!【中国聯通香港】4G 中国SIM (本土31省と香港) 7日利用可能

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.